ネットビジネス準備編

ドメイン取得のおすすめはムームードメイン

当サイトのURL『https://salakin-rich.com/』がインターネット上の住所だとすると、ドメイン部分『salakin-rich.com』は表札と言えます。

よく『独自ドメイン』といった呼び方をすることがありますが、独自ドメイン=オリジナルドメイン(ドメイン取得者さんの任意による表示)という認識で構いません。

独自ドメインは1つしかないものですから、あなたが取得したいと思っているドメインがあるのであれば、早目にドメイン取得サイトで取得しておきましょう。

「このドメイン名は絶対に自分しか思いついていない」と思っていても、意外と見知らぬ人に先を越されて取られていることが多いですからね。

ドメインはムームードメインで取得(購入)しよう

画像引用:https://muumuu-domain.com/

ムームードメインというのは、ドメイン取得サービスのことです。
簡単に言いますと、ドメイン販売所ですね。

ムームードメインはこちら

ムームードメインをおすすめする理由

私がムームードメインを強くおすすめする主な理由は次の4点です。

  • ドメイン取得方法が簡単でトラブルが少ない
  • ドメイン取得費用が他のドメイン取得サービスと比較して安い
  • エックスサーバーとの連携がスムーズに行える(サーバーはエックスサーバー一択)
  • シンプルで管理しやすく使いやすい

複数のドメイン取得サービスを利用してきた経験から断言します。
ドメイン取得はムームードメインにしましょう。

その他ドメイン取得サービス

ムームードメインを強くおすすめしていますが、もしかしたらあなたにとっては使い勝手の悪いドメイン取得サービスかも知れません。
そこで、その他有名なドメイン取得サービスを以下に紹介しておきます。

お名前.com

『国内シェアno.1のドメイン取得サービス』ということで、利用者さんが多いドメイン取得サービスです。

アフィリエイトプログラムによる紹介制度を利用しているので利用者さんが多いのではないかと思うのですが、私個人的には使い勝手が悪いことと、キャンペーンのお知らせメールが頻繁に送られてくるのが正直ウザイ(笑)ので利用していません。

画像引用:https://www.onamae.com/

お名前.comはこちら

Value-domain(バリュードメイン)

こちらも利用者さんが多いドメイン取得サービスです。
私は新規ドメインをムームードメインで、中古ドメインをValue-domainで取得しています。

画像引用:https://www.value-domain.com/

Value-domainはこちら

 

Xdomain(エックスドメイン)

運営会社がエックスサーバーと同じなので、サーバーとドメインの紐付け作業が楽です。
また、エックスサーバーのインフォパネル(コントロールパネル)でサーバーとドメインの両方を管理できることがメリット。ただし取扱いドメイン数は少ない。

画像引用:https://www.xdomain.ne.jp/

Xdomainはこちら

 

ドメイン取得で気を付けるポイント

ドメインは『.com』『.net』を選択しよう

  • 代表的なドメインで覚えやすいから
  • 取得費および更新費が安いから
  • ビジネス系かつ個人使用の印象が強いから

例えば『kurodakanetsugu.com』という独自ドメイン。
『kurodakanetsugu』部分は第3レベルドメイン、『.com』部分はトップレベルドメイン(TLD)と呼ばれています。

【ドメインネームの構造】『www.kurodakanetsugu.co.jp』の場合
『www』部分は第4レベルドメイン、『kurodakanetsugu』部分は第3レベルドメイン、『co』部分は第2レベルドメイン、『jp』部分は第1レベルドメイン

第3レベルドメインは自分の任意で自由に作ることができます。

それに対してトップレベルドメインは、法人や組織でないと取得できないもの、国や地域、機関により取得が限定されているものなど制限があり、既存のものから選択する以外に取得する方法はありません。

主なトップレベルドメイン一覧

  • com 商業組織用
  • net ネットワーク用
  • info 制限なし
  • biz ビジネス用
  • org 非営利組織用
  • jp 日本用

『.com』『.net』以外は取得費および更新費が高い傾向にあり、また組織の印象が強いため、個人の資産ブログ用としてはおすすめしません。

ドメイン更新費に気を付けよう

画像引用:https://muumuu-domain.com/domain/price

『.site』取得費99円・更新費3,980円/『.com』取得費760円・更新費1,480円
あなたはどちらを選択しますか?

例えば、1年未満のテストブログを運用する場合であれば取得費の安い『.site』でも構いませんが、資産ブログを作るのであれば更新費を意識しておきましょう。

意外と後から気付くことって多いんです。

日本語ドメインは選択しないこと

インパクトがあっていいんじゃないか?と思いますが、ドメインは英数字のものにしましょう。

たとえブラウザで『黒田兼続.com』と表示されていたとしても、実際プログラム上ではPunycodeに変換され『xn--m6q438fxyf209a.com』となっていて、SNSで上手く表示されない、メールアドレスの運用がしにくいといったことになります。

『Whois情報の代理公開』を選択すること

下記画面のようにWhois情報を企業の代理公開にすることで、個人情報を守ることができます。

Whois情報は、ドメイン登録者の情報をインターネットに公開するサービスのことです。
つまりドメイン取得者であるあなたの住所や連絡先といった個人情報を公開するということになります。

そしてWhois情報の代理公開は、あなたの個人情報の代わりに、ドメイン取得企業の情報を公開するということですので、特に理由が無ければドメイン取得の際に『Whois情報を代理公開する』にチェックを入れるようにしましょう。

個人情報の漏洩を防ぐことで安心してブログ運営に集中できるようになります。
※グーグルアドセンスのためのブログ運営をする時には「運営者情報」を公開する義務が生じます。

関連記事

  1. ネットビジネス準備編

    ネットビジネスで役立つツール(随時更新)

    私サラ金が、ネットビジネスで実際に利用しているツールについて紹介します…

  2. ネットビジネス準備編

    リダイレクト設定でSSL設定完了(エックスサーバー『.htaccess』)

    エックスサーバー側の独自ドメイン、独自ドメインにインストールしたWor…

  3. ネットビジネス準備編

    エックスサーバー側で独自ドメインをSSL設定(https化)する

    独自ドメインをエックスサーバーに紐付けることができたら、次にすべきこと…

  4. ネットビジネス準備編

    WordPressプラグインのおすすめはこれ!

    数多くあるWordPressプラグイン。あまりにも種類が多くて、ど…

メルマガ登録

カテゴリー

  1. ネットビジネス準備編

    WordPressプラグインの基礎
  2. ネットビジネス準備編

    ドメイン取得のおすすめはムームードメイン
  3. ネットビジネス準備編

    WordPressテーマのおすすめはこれ!【無料版・有料版】資産ブログ構築にはシ…
  4. ネットビジネス準備編

    ムームードメインで取得した独自ドメインをエックスサーバーに紐付ける
  5. ネットビジネス準備編

    サーバーはエックスサーバーを使うこと
PAGE TOP