エックスサーバー側で独自ドメインをSSL設定(https化)する

独自ドメインをエックスサーバーに紐付けることができたら、次にすべきことは独自ドメインのSSL設定(http→https化)です。

【SSL(Secure Sockets Layer)とは】
個人情報の漏えい、フィッシング詐欺などのセキュリティ面での不安を解消するための『個人情報の暗号化=SSL暗号化』のこと。
SSL設定されていないサイトにアクセスした場合『保護されていない通信』および『この接続ではプライバシーが保護されません』との警告が表示されます。

このSSL設定は以下の2点に設定する必要があります。

  • エックスサーバー側の独自ドメイン
  • 独自ドメインにインストールしたWordPress(ワードプレス)

どちらか一方だけにSSL設定をしてもダメです。
SSL設定ができていないサイトはこんな感じで表示されます。

※下記画像のURL表示はkurodakanetsugu.comとなっていますが、実際はhttp://kurodakanetsugu.comとなっています。

あなたは、このような表示がされているサイトに気軽にアクセスすることができるでしょうか?
おそらく『信用できないサイト』として敬遠されることと思います。

安心してサイトに訪問していただけるように、SSL設定は必須です。

ここで重要な注意事項があります。
SSL設定を必ず以下の順番で行うようにしましょう。

  1. エックスサーバー側で独自ドメインをSSL設定する
  2. 独自ドメインにWordPressをインストールする(1日~2日設定完了まで待つ)
  3. 独自ドメインにインストールしたWordPressをSSL設定する

この順番を守らない・・・つまり、

  1. 独自ドメインにWordPressをインストールする
  2. 独自ドメインにインストールしたWordPressをSSL設定する
  3. エックスサーバー側で独自ドメインをSSL設定する

この順番でSSL設定を行ってしまうとエラーが起こり、WordPressへのログインすらできなくなってしまいます。

手順を間違ってしまった場合はこちらの記事を参照してください。
「WordPressをSSL設定(https化)後、WordPressにログインできなくなった場合の解決方法」参照

エックスサーバー側で独自ドメインをSSL設定する手順

エックスサーバーにログインする

ログインメニューのインフォパネルが選択されていることを確認し、会員IDまたはメールアドレス、インフォパネルパスワードを入力しログイン。

画像引用:https://www.xserver.ne.jp/login_info.php

インフォパネルのサーバー管理をクリック

サーバーパネルのドメイン>SSL設定をクリック

SSL未設定の独自ドメインを選択する

サーバーパネル内にあるドメイン>SSL設定をクリックすると、現在取得している独自ドメインの一覧とSSL設定の状況が表示されている画面に移動します。

画面上『独自SSL』の列を見ると、独自SSL1個と独自SSL0個の表示が確認できますね。

対象となる独自ドメイン『kurodakanetsugu.com』は1個と表示されていますので、すでにSSL設定は設定済みということになります。

→これはエックスサーバーに独自ドメインを紐付けた際に、自動的にSSL設定が行われたためです。独自ドメイン紐付けのタイミングなどでSSL設定が自動的に行われる場合と、そうでない場合がありますので、確認するようにしましょう。

上記画像では2つのドメインだけ0個表示、つまりSSL設定が未設定になっていますので、こちらの2つのドメインをSSL設定してみましょう。
独自ドメイン右横にある『選択する』をクリックして次に進みます。

SSL未設定の独自ドメインを選択すると下記画面に移動しますので、『独自SSL設定追加』をクリック。

すると下記画面に移動しますので、内容を確認のうえ『追加する』をクリックして完了です。

この独自SSL設定もすぐには反映されず、最大1時間程度かかります。

不具合なくスムーズにSSL設定を行うためにも、この後に対象独自ドメインにWordPressをインストールし、エックスサーバー側の独自ドメイン、独自ドメインにインストールしたWordPress共に、1日~2日間SSL設定が反映されるまで待つことになります。

独自ドメインのSSL設定(https化)が反映されたら、次は独自ドメインにWordPressをインストールする作業に進みましょう。

[clink url="https://salakin-rich.com/basics/xserver-wp/"]
おすすめの記事